2018年度3Dプリンター公募事業(八王子市)受付中

3Dプリンター応募要項:応募期間:2/1〜2/15

1.プロジェクトの目的

ミライエンジニアとは、未来のエンジニアを創出することを目的に設立されたエンジニ ア創出プロジェクトです。エンジニアの創出には、幼少期時代の「ものづくり経験」が大き く影響していると我々は考えています。その後押しの第一弾として、地元の「ものづくり企 業」と連携し、八王子市の小・中学校を対象に3Dプリンタを無償貸与するプロジェクトを 推進しています。

 

2.応募対象者

応募対象者は以下とする。

・3Dプリンターを使って、「ものづくり」にチャレンジしてみたい小学生、中学生 ・生徒達の「ものづくり」の機会を増やしたい小・中学校の教師

 

3.応募方法

・以下申し込みフォームより応募ください。

申し込みフォーム

・上記フォームでも申し込みが難しい場合はこちらの応募申請書に必要事項を記入し、FAX、メール添付にて送付ください。

※応募多数の場合には、抽選で提供先を決定します。

 

4.応募条件

・当選した場合は、3Dプリンターを提供してくれた協賛企業(プリンター本体に明記)に お礼の手紙をかくこと

 

<その他の諸条件>

※小学生もしくは中学生の生徒が主体となって応募する場合は、学校(担任、部活顧問等)の許可を 得ること。

※人に危害を加えるようなものは製作しないこと。

※提供する3DプリンターはFlashforge社 Finderとする。

※初回セットには3Dプリンター(1台)とフィラメント(1巻)が付属しています。

※3Dプリンターは無償貸与とします。(不要となった場合はミライエンジニア事務局にご返却く ださい。)

※3Dプリンターで使用する消耗品(フィラメント等)にかかる費用は応募者負担となります。ご購 入の際はミライエンジニア事務局にご連絡ください。

※3Dプリンターが故障した場合は、有償での修理、もしくはご返却となります。返却時にかかる送 料は、応募者負担でお願いします。

※ミライエンジニア事務局等が主催する「ものづくりイベント」等で3Dプリンターが複数台必要 となった際は、イベント中の貸し出しの協力をお願いします。

※同じ学校で既に3Dプリンターが本事業により提供されている場合は、応募があっても不採択とし ます。

※3Dプリンターの設置場所は学校内を基本としますが、管理できる場所であれば、その限りではあ りません。

※応募した学生が卒業しても、引き続き活用できる場合は、継続使用して頂いて構いません。(もの づくりの機会拡大にご活用ください)

以上

 

3Dプリンターを使おう!

3Dプリンターを活用するには以下の方法があります。

 

1.無料の3Dデータをダウンロードしてつくる

最も簡単に3Dプリンターを使う方法が、既に作成済みの3Dデータを活用する方法です。

以下サイトが詳しいのでご覧あれ。

3Dプリンターで使える無料データがダウンロードできるサイトまとめ


2.自分で3Dデータをつくる

オリジナルのものを作りたい!そんな時は3Dモデリングソフトを使いましょう。

ゲームが得意なあなたならソフトも使いこなせるはず!

以下サイトが詳しいのでご覧あれ。

 

フリーで使える3DCAD、3DCGモデリングソフトまとめ


3.おすすめ3Dモデリングソフト

その1 Fusion360

学生、教職員は3年間無償で利用できます。

これが使えるようになれば、思いついたものが何でも作れます!

使い方の動画はこちら

その2 Happy 3D App

Windows PC、iOS、androidに対応

初心者向けのアプリです。

 

3Dプリンターでできること

3Dプリンターとは?

3Dプリンターは、紙に印刷するプリンターに対して、3Dデータを元に立体を造形する機器です。


3Dプリンターでできること

3Dプリンターに3Dデータを取り込むことで、フィギアやキーホルダーなど、想像したものを形にすることができます。