【応援企業紹介】田倉繃帯工業株式会社

今回は、「ミライエンジニア」の趣旨にご賛同頂きました田倉繃帯工業株式会社(本社:八王子市)の代表取締役 田倉 勉氏にお話を伺いました。

聞き手:ミライエンジニア事務局

田倉繃帯工業株式会社はどのような会社ですか?

田倉繃帯工業株式会社は1951年に創業の包帯やサポーターの専門メーカーです。

日本で初めて弾力包帯の開発・製造に成功し、現在では弾力包帯をはじめネット包帯、伸縮包帯、サポーター、粘着テープ、医療用コルセット、圧迫ソックスなど、皆さんが病院・薬店にて目にする様々な医療用材料を製造しています。

また、その技術を生かして医療以外の分野の案件にも取り組んでいます。

 

ミライエンジニアに期待することはありますか?

近年、「ものづくり」の場が国内から賃金の安い海外へと流れており、日本国内の製造業の仕事も「ものづくり」から付加価値の高い「価値づくり」へのシフトが迫られています。

その「価値づくり」を行う為には、はやり「ものづくり」で培った知識や経験が重要になります。

例えば、包帯を作ったことがない人が設計した包帯は、「価値」を提供するどころか、「品質」にも不安が残りますよね。

なので、これから大人になる若い人たちには、早い段階で沢山の「ものづくり」に触れて欲しいと思っています。

3Dプリンターを活用して、沢山の失敗と工夫を経験して欲しいですね。

最後に一言お願いします。

「ものづくり」の原点は、自分や周りの人の「こんなものあったらいいのに」を形にすることだと思います。

気負わず、失敗を恐れず、思いついたものを数多く作ってください。

日本商工会議所 日照ニュースより抜粋

企業情報

  • 会社名:田倉繃帯工業株式会社
  • 業 種:包帯類、サポーター、粘着テープ、各種固定用具などの製造
  • 代表者:代表取締役 田倉 勉
  • 所在地:東京都八王子市千人町三丁目17番10号
  • URL:http://www.takura.co.jp

【応援企業紹介】株式会社セキコーポレーション

今回は、「ミライエンジニア」の趣旨にご賛同頂きました株式会社セキコーポレーション(本社:八王子市)の会長 関 重和氏にお話を伺いしました。

聞き手:ミライエンジニア事務局

セキコーポレーションはどのような会社ですか?

株式会社セキコーポレーションは1948年創業の精密プレス部品メーカーです。

当社の製品は皆さんが直接目にすることは少ないですが、カーオーディオ、デジタルカメラ、ゲーム機などのキーパーツとして組み込まれています。

グローバル時代にあって生産業務は山梨、中国、タイの3工場で行っています。

ミライエンジニアに期待することはありますか?

八王子の地元から時代をリードするクリエイティブな人材が育つことを楽しみにしています。 これからのモノ造りはニーズの多様化により多品種少量、さらには個々のニーズに対応した、新しいものを、早く安く造りだすことが日本モノ造り産業の潮流になっていくと思われます。金型を必要としないモノ造りの革命として誕生した3Dプリンター、今後の発展が期待されます。

 

最後に一言お願いします。

八王子は戦後、繊維産業を主幹産業として発展してまいりましたが、産業構造の変化により近年、電子機器や大手研究開発拠点が集積しつつあり、そこには柔軟で創造性豊な人材が求められます。

地元の利を生かし、産・学・官が交流し新たなビジネス創出を夢見ています。

企業情報

【応援企業紹介】リブト株式会社

今回は、「ミライエンジニア」の趣旨にご賛同頂きましたリブト株式会社(本社:八王子市)の代表取締役 後藤 広明氏にお話を伺いました。

聞き手:ミライエンジニア事務局

リブト株式会社はどのような会社ですか?

リブト株式会社は2007年に創業の八王子の医療機器メーカーです。

創業10年の会社ですが、世界初の「ワイヤレス内視鏡ビデオカメラ」を開発する等、特徴のある医療機器を世の中に提供しています。

「医師たちのあったらいいなぁ・・・をカタチにする」をモットーに、在宅医療等を始めとした分野で医療機器の開発を行っています。

ミライエンジニアに期待することはありますか?

おおいに期待しています。

現在、日本のエンジニアに求められる資質は「物を作る技術者」から「製品の企画・提案ができる技術者」へとシフトしています。

一昔前は、海外生産では品質が劣ると言われていましたが、現地での教育と機械化(オートメーション化)が進み、その差も少なくなってきたためです。

私の経験からも、クリエイティブな発想には幼少期や学生の頃の経験が、大きく影響すると感じています。

思いついた物を自由な発想で創り、その過程で多くの失敗を経験することが、将来のエンジニアの財産となります。

会社に入ってからでは、失敗が許されないケースが殆どですからね。

 

今回のミライ@エンジニアは、3Dプリンターを学校で使える環境を提供することで、自由な発想と、ものづくりの楽しさが体感できる訳ですから、彼らのうちの何人かが10年後にエンジニアとして活躍することを想像するだけでワクワクしてきます。

また、単なる寄付ではなく、3Dプリンターへの企業名の表示(ネーミングライツ)とセットになっているため、当社のような会社が地元八王子にあることを小中学校に知ってもらう良い機会にもつながります。

小・中学生にとっても、企業にとっても、メリットのある素敵な取り組みになるのではと期待しています。

 

最後に一言お願いします。

八王子には、名前に聞き覚えはなくとも、世界初の製品を提供する企業や、日頃みなさんが使っている製品を提供している企業が多く存在してます。

当社も世界初の医療機器や、多くの患者の命を助ける医療機器を開発し、医師や医療従事者に喜んでもらっています。学生の皆様には、ミライ@エンジニアを活用して、このような企業が身近に多くあることを知ってもらいたいですね。

代表取締役 後藤 広明(ごとう ひろあき)

企業情報

  • 会社名:リブト株式会社(livet Inc.)
  • 業 種:医療機器の開発・製造・販売
  • 代表者:代表取締役 後藤 広明
  • 所在地:八王子市明神町4-9-1-301
  • URL:http://livet.jp